サーフスケート豆知識

2014年2月8日土曜日

Bushing Info


























次は最重要な部分であるブッシュについて個人的な意見から説明します。
※ブッシュはかなりマニアックで専門的なモノもありますので、一般的なモノで解説します。

ブッシュの高さには大きく分けて2つの大きさがあります。

1つはTKP用のショートタイプ
2つめはRKP用のハイタイプ
大体がこの2つに分けられています。

次に形も2つあります。

コーン型:トップがボトムよりも狭くなってるタイプで、主にカービング性能が高く、良く切れるターンに影響します。
バレル型:これは筒のような形で真っすぐです。安定感があります。

硬度も細かく分けられていて80aとか90aとか表記があります。
数字が小さいほど柔らかく、大きいほど硬いです。

重要なのはこの情報で、あとは個人差やスタイルにより大きく左右していきます。

PARISトラックは標準で89aの上下ともコーンが装備されていますね。
とても乗りやすいですが、自分の場合だとこう改造します。

前:90aバレル x 82aバレル 後ろ 90a バレル(上下)

こうするとスピードも増して、強く踏んでも曲がりすぎずに反発で加速していく感じになります。

大体は上下のブッシュの下が硬め、上が柔らかめのようです。逆は乗りずらいです。

体重が軽く、スピードもださないなら、コーンの柔らかめがいいでしょう。
デブやスピードを求めるなら、バレルのほうが無難です。
一番おすすめは、釣り道具のように箱を作って、色んなブッシュを集めて、自分にあうものを見つけていくのがいいです。

またトラックの違いでも少し変わってきます。性能が違います。
迷ったらノーマルに戻すのも大事です。


0 件のコメント:

コメントを投稿